小不点搜索 登录
论文下载 »  主题

ミツバチの女王蜂分化を誘導する因子ロイャラクチンの発見 ミツバチのカース卜分化誘導機構の解明

[论文作者]鎌倉昌樹
[发表期刊]化学と生物
ミツバチは女王蜂と働き蜂からなる階級社会(カース ト)を形成しており,同じ遗伝子型をもつ雌の幼虫のな かでも王台という女王蜂を育てるための部屋で成育した個体は,働き蜂の分泌するローヤルゼリー(RJ)を摂取 して女王蜂へと分:する.一方,通常の巣房で成育した 個体は,ハチミツや花粉などを摂取して働き蜂へと分ィ匕 する.このように,ミツバチの発生および分化において は,RJによるェピジエネティックな調節が行われてい る.女王蜂は働き蜂に比べ,体サイズが1.5倍,寿命が 20倍であり,1日に2,000個の卵を産むという特徴を もっている.筆者が研究を始めた当時,この女王蜂への 分化のしくみについてはまったく明らかになつていな かったが,それまでに,RJに含まれるカースト分化に 関与する因子の探索は数多く行われてきた.1970年代 くらいにその研究がさかんとなりカースト分化誘導因子 の探索が広く行われたが同定には至らなかったそん な中,同因子の候補にあがったのはRJに含まれるダル コースとフルクトースであった.一般の生物学的な概念 ではそれら糖質力5個体の分化を制御することは考えにく レ、が,糖質とカースト分化との関係についての報告が数 多くなされた.
论文全文下载地址
以下为论文“ミツバチの女王蜂分化を誘導する因子ロイャラクチンの発見 ミツバチのカース卜分化誘導機構の解明”的全文下载地址
www.zhangqiaokeyan.com
我来说两句
内容